土地探しの方法・ポイント・コツを伝授

夢のマイホームを実現する土地探しの方法・ポイント・コツを伝授します。個人で一戸建てを造るためにはまず土地探しが重要です。もっとも重要な地盤調査から住宅用語まで、土地探しに必要な知識を提供します。


土地探しは「SUUMO」で
土地探しトップ > - > スポンサーサイト
新着情報
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | pookmark |
土地探しトップ > 最新土地情報 > 地価ダウンの動きが拡大
地価ダウンの動きが拡大
2008年1月〜2008年3月の調査時点では、東京圏の地価は、ほぼ横ばいから上昇している地区がほとんどだったのもかかわらず、2008年10月〜2008年12月の調査では、全体的に下落している結果になってきることが、国土交通省の調べで分かりました。
下落幅も拡大傾向になり、品川区品川地区と豊島区池袋東口地区の2地区で9%以上の下落となりました。
※東京圏の高度利用地65地区調べ(参考記事:住宅情報マンションズ)

さて、2009年の土地価格の動向というと1月1日時点の地価公示は、全国平均で住宅地が3.5%下落し(昨年は1.3%の上昇)、商業地が4.7%下落(昨年は3.8%の上昇)と3年ぶりの下落となりました。特に、昨年大幅に地価が上昇した三大都市圏の中心部で下落幅が大きくなっています。国土交通省では、景気の悪化、新規分譲マンションの販売不振、資金調達環境の悪化等が背景となって、需要が減退しているとしています。
※野村不動産アーバンネット記事より抜粋

しかしながら今の水準は、地価が上昇し始めた2006年あたりの水準に戻っただけで、とても悪い状況ではないと思います。

これから先、地価が下落がどのようなペースで進むのかは読みづらいところですが、このような不況時は、地価価格の水準が低く、買い時の年であることは間違いありません。
まずは、自分の懐事業や収入面、家族の環境などを見直して、希望の金額で買える土地があれば、土地の価格の動向だけで購入を見送るのは、もったないでしょう。


JUGEMテーマ:住宅

| 最新土地情報 | pookmark |
目次
LINKS
モバイル
qrcode
スポンサードリンク


SPONSORED LINKS

JUGEMブログテンプレート ▲このページの先頭へ