土地探しの方法・ポイント・コツを伝授

夢のマイホームを実現する土地探しの方法・ポイント・コツを伝授します。個人で一戸建てを造るためにはまず土地探しが重要です。もっとも重要な地盤調査から住宅用語まで、土地探しに必要な知識を提供します。


土地探しは「SUUMO」で
土地探しトップ > - > スポンサーサイト
新着情報
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | pookmark |
土地探しトップ > 土地探しのポイント > 手頃な価格の変形土地を有効活用する
手頃な価格の変形土地を有効活用する
土地には正方形、長方形からひし形、道路に面している部分が路地風な路地状敷地など様々な土地があります。
戸建てのプランで一番理想的な形が、南北よりも東西に長い2:3の割合の長方形の土地で値段も高めに設定されます。

建築基準法では、土地は少なくとも2m以上の開口で道路に面していなければならないという接道義務があります。

路地状敷地の場合で普通車の駐車スペースにする場合、車幅1.8mに対して開口は2.5m以上ほしいので、最低条件の2mでは、駐車スペースとしては厳しいです。
開口が3mあれば、路地状敷地でも駐車スペースも確保できますし、道路に面していないことで静かな環境も保てる長所もあります。
用途地域が住宅系地域で建ぺい率の低い地域であれば、隣家とも離隔が保て、日当たりも気にならないでしょう。

変形土地は制限があるものの価格が手頃になるため、予算が多く用意出来ない場合はこのような土地を狙って探してみるのも手です。

JUGEMテーマ:住宅


| 土地探しのポイント | pookmark |
土地探しトップ > - > スポンサーサイト
スポンサーサイト
| - | pookmark |
目次
LINKS
モバイル
qrcode
スポンサードリンク


SPONSORED LINKS

JUGEMブログテンプレート ▲このページの先頭へ