土地探しの方法・ポイント・コツを伝授

夢のマイホームを実現する土地探しの方法・ポイント・コツを伝授します。個人で一戸建てを造るためにはまず土地探しが重要です。もっとも重要な地盤調査から住宅用語まで、土地探しに必要な知識を提供します。


土地探しは「SUUMO」で
土地探しトップ > - > スポンサーサイト
新着情報
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | pookmark |
土地探しトップ > 土地探しのポイント > 古家付き土地、傾斜地土地を狙う
古家付き土地、傾斜地土地を狙う
古家付き土地を狙う
古家付き土地とは、築年数が古いなど中古物件としては売れない家が建っている土地のことを言います。新たに家を建てるときには古い建物の解体費用がかかるために、更地よりも安い場合があります。
中には築年数が古くてもリフォームをかければ、まだまだ住めそうな古家もあります。このような古家を大規模リフォーム及び耐震補強をして住むことができれば、予算をかなり節約できます。
ただし、新たに家を建てる場合は解体費用が100万円単位でかかりますので、事前に古家の解体費用を調べておいた方が良いでしょう。他の土地との比較にも、解体費用込みの値段で考えます。

傾斜地土地を狙う
傾斜地は土地が広くても、家を建てられる部分の面積が制限されるので、フラットな土地に比べて価格が安い傾向があります。
日当たりが確保できる南向きの傾斜地であれば、開放的な家を建てることが可能です。
ただし、傾斜地の場合、軟弱地盤の可能性が高く、地盤調査は必須となります。地盤調査の結果、地盤改良や基礎の補強、擁壁の設置が必要で数百万単位の出費となることがあります。このようなデメリットは頭に入れておく必要がありますので、注意してください。

JUGEMテーマ:住宅


| 土地探しのポイント | pookmark |
土地探しトップ > - > スポンサーサイト
スポンサーサイト
| - | pookmark |
目次
LINKS
モバイル
qrcode
スポンサードリンク


SPONSORED LINKS

JUGEMブログテンプレート ▲このページの先頭へ